土地公

福徳正神、民間では「土地公」と呼ぶことが多くて、周朝の時代に張明徳が土地公になったという伝説もあり、周朝の上大夫の家僕であった張明徳は、ある日、主人が家中に幼い娘を残して遠地に赴任した際、父親の元へかの娘を連れて行く途中で風雪に遭い、自らの衣服を与えて主を守ったために凍死したと言われています。臨終間際に空中には「南天門大仙福徳正神」の九字が出現し、忠誠心に対する称号を得て、廟と金の神像を造り、「福徳正神」と名付けています。ある日、玉皇上帝が人間界に土地公を派遣し、何の法術がほしいと問いかけ、土地公:「世の中の人全員は財源が広がりますように、土地豊作になりますように。」そばにいる土地婆は:「ダメです!もしも世の中の人全員がお金持ちになったら、誰が労働者になるんですか。線香をあげ、加護することができます。」今民間では土地公を福の神と見なし、大変尊敬して、土地婆は私心がある人と思われます。ですから、土地公のお寺は土地公しかいなくて、土地婆はいません。

109年媽祖誕辰慶典舉辦

【天上聖母南巡會香南迴公路巡境超拔、送化法會暨系列活動】

走踏-後山媽百年傳香路

時間:

109年國曆10月20日-21日東屏南巡會香

10月22-24日送化法會在本宮廣場舉辦

10月23-25日3天酬神歌仔戲。

南巡活動行程:

1  第一天聖母起駕尚武紫雲寺、尚武天后宮會香。聖駕車隊通過草埔隧道至屏東東港東隆宮、再至恆春高山嚴福德宮、車城福安宮會香。福安宮駐駕過夜。

2  第二天早上南迴公路舊線森永福德宮參香。再至達仁南迴公路罹難者慰靈碑祭拜超薦、返駕台東市遶境回宮。

3 啟建3天送化孤魂法會-本宮廣場。

即日起本宮服務台受理隨香報名

費用1500元、限額50人。

電話:08-9325178