靈泉井碑

台東が古くは「卑南覓(べき)」と称され、俗称「後山」、昔原住民が群居する場所です。清代康煕年間において、漢人はやっと台東へ貿易と農耕をしにきたんです。光緒元年、清政府は後山で卑南庁を設け、光緒十年、提督の張兆連が率いている鎮海後の軍営を今の台東市中華路に設置しました。光緒十三年、台湾省設置、卑南庁は台東直隸州に昇格しました。光緒の十四年六月、水尾墾撫局の委員雷福海による各地での田畑の測量と税の徴収があまりに厳しすぎることに不満を抱き、大庄地区の客家人劉添旺の呼びかけで付近の開拓移民と平埔族が団結して反乱を起こします。七月に戦火は卑南まで延焼し、呂家望(今卑南郷の利家村)などの原住民が決起して、官庁に火を放ち、張提督が率いている鎮海後軍を包囲し、攻撃しました。要塞内に井戸がなくて、将兵たちはすでに喉が渇き、辛抱することもできないんです。提督張兆連は陳添などの人たちに命令し、臨時に井戸を掘りましたが、深さ十六メートルもある井戸は依然としてお水が見えなくて、張は線香をあげ、媽祖の前にひざまずいて祈りました。突然、その瞬間甘泉が湧き出し、士気は大いに奮い立ちました。

靈昭誠佑

半月苦しく守った後に、台湾巡撫劉銘傳は援軍が汽船に乗って駆けつけるように派遣し、そこで事件は平定しました。光緒の十五年、張兆連提督は媽祖が救助するのに感謝するため、俸給として支給された養廉銀を進んで寄付し、廟の建設を提唱し、そして部下と地方地主を始め、共に参加しました。その年の秋に人員を派遣し、前山に向かって各種の建築材料を購入して、一年をかけて完成し、光緒帝より「霊昭誠佑」の扁額をいただきました。

過去の状況

天后宮は依然として清代光緒年間にある建宮の石碑を保存しています。百三年に陳清正が書いた台東天后宮碑記を寄付によって建てられました。また、お参りにいらっしゃった方々に寺院百年の歴史を理解していただくように、お寺の前の広場に中国語、日本語、英語三か国語で石碑が建てられました。
天后宮は決まっているお祭りや軍隊の慰労会以外には、全省科道教のセミナーや十二年に一度の大型祈安清醮(幸福を祈願し、神様に感謝する道教の宗教儀式)を催し、また、媽祖の誕生地である中国湄洲へ参拝イベントに参与し、あるいは、他の寺院との交流活動など。毎年台東県で元宵節に催される「元宵神明巡行」は台東市伝統民俗文化の特色のため、寺院全体はお金を費やし、力を尽くして、台東の一大イベントを成し遂げ、文化を代々語り継ぐように、持続的に文化財を保護します。

イベント

  台東天后宮の「建醮儀式」は台東市街区を含む、合計46里、1035隣で行っています。範囲が広くて、全国は滅多になく、なので台東天后宮の「建醮儀式」は、台東市管轄区内の民意に頼らなければいけないですし、また邸内社会の民力により、人力、財力、物資などの状況を負担することができるかどうか、その成否が肝心です。しかも順調に完成させる為、住民が喜んで協力して頂く必要があります。たとえ近年では金融危機を受け影響され、社会は不景気で、節約しなければいけなくても、「建醮儀式」は祈願することで、心穏やかに過ごせるようになり、商工業振興のきっかけとなりました。心の中に生じた喜びや健康が無形の財産で、「建醮儀式」にかかった代価より、はるかに上回っています。台東天后宮は十二年に一回「建醮儀式」を開催し、毎回順調に終わることができ、思う通りに進めていけるのは、台東県長官の方々、民意代表の方々、台東市区の里長方々のお陰で、感謝しなければいけません。また参拝しにいらっしゃった方々にも感謝し、熱心に賛助協力して頂いています。「建醮儀式」に参与した実行委員方々にも心よりお礼申し上げます。

中元普渡表演活動

邀請民間團體共同參與普渡盛事。

中元普渡盛況

建醮活動是一種隆重的醮祭祭典,組織龐大、事務繁雜,為求統一事權,而有醮局的組織,也就是籌組建醮委員會,負責建醮的籌備工作,醮祭的進行由廟宇管理委員會出面總理一切事宜。

107年春節卜杯賽

卜杯賽轎車得主

107年春節卜杯賽

卜杯賽轎車得主

貫通石祈福發送活動

活動照片精選

台灣寺廟金蘭會

第二屆第九次會員大會

第五屆第十七次會員聯誼大會

107年花東巡境

活動照片精選

107年花東巡境

戊戌年台東天后宮花東巡境追念大庄事件安靈祭典

107年春節卜杯賽

卜杯賽

台東天后宮

活動照片精選

台東天后宮

活動照片精選

台東天后宮

活動照片精選

台東天后宮

活動照片精選

台東天后宮

活動照片精選

台東天后宮

活動照片精選

台東天后宮

活動照片精選

媽祖誕辰法會

媽祖誕辰乞平安龜活動

媽祖誕辰法會

媽祖聖誕法會

媽祖誕辰法會

媽祖聖誕法會

媽祖誕辰法會

媽祖聖誕法會

107年花東巡境

花東巡境

107年春節卜杯賽

卜杯賽

台東天后宮

活動照片精選

107年總統蔡英文蒞宮揭匾

107.2.16大年初一總統蔡英文蒞宮揭匾揭所贈【霖雨遐被】匾。會後總統與本宮全體董監事宮前合影留下歷史鏡頭。

台東天后宮

捐助花蓮大地震 107.2.20

107年總統蔡英文蒞宮揭匾

107.2.16大年初一總統蔡英文蒞宮揭匾揭所贈【霖雨遐被】匾。

青島交流蒞宮參訪

107年11月18日青島媽祖交流會蒞宮恭請本宮分靈媽祖神尊回山東

青島交流蒞宮參訪

青島媽祖交流會蒞宮交流

梁皇法會

梁皇大法會

梁皇法會

梁皇大法會

台東天后宮

天后宮空拍全景圖

台東天后宮

天后宮空拍全景圖

1889

捐俸建廟

1933

廟宇重修

130

百年歷史

12

虎年建醮

下載行動版天后宮App

 線上求籤 預約點燈 方便實用

109年媽祖誕辰慶典舉辦

【天上聖母南巡會香南迴公路巡境超拔、送化法會暨系列活動】

走踏-後山媽百年傳香路

時間:

109年國曆10月20日-21日東屏南巡會香

10月22-24日送化法會在本宮廣場舉辦

10月23-25日3天酬神歌仔戲。

南巡活動行程:

1  第一天聖母起駕尚武紫雲寺、尚武天后宮會香。聖駕車隊通過草埔隧道至屏東東港東隆宮、再至恆春高山嚴福德宮、車城福安宮會香。福安宮駐駕過夜。

2  第二天早上南迴公路舊線森永福德宮參香。再至達仁南迴公路罹難者慰靈碑祭拜超薦、返駕台東市遶境回宮。

3 啟建3天送化孤魂法會-本宮廣場。

即日起本宮服務台受理隨香報名

費用1500元、限額50人。

電話:08-9325178