觀音菩薩

観世音菩薩は観音菩薩、観自在菩薩とも呼ばれ、梵語Avalokitesvaraから訳されました。仏教に祂が現在西方極楽浄土において阿弥陀仏の脇侍として存在しておられる、大勢至菩薩は本尊阿弥陀如来の脇侍で向かって左におられ、三体合わせて阿弥陀三尊と称します、これが極楽浄土の中心におられる仏さまです。同時に四大菩薩中の一人です。観世音菩薩は過去にすでに仏陀になり、仏教経典では名を正法明如来としました。《観無量寿経》は阿弥陀仏とその脇侍である観世音菩薩・大勢至菩薩のこと、この三尊を併せて説きます。

109年媽祖誕辰慶典舉辦

【天上聖母南巡會香南迴公路巡境超拔、送化法會暨系列活動】

走踏-後山媽百年傳香路

時間:

109年國曆10月20日-21日東屏南巡會香

10月22-24日送化法會在本宮廣場舉辦

10月23-25日3天酬神歌仔戲。

南巡活動行程:

1  第一天聖母起駕尚武紫雲寺、尚武天后宮會香。聖駕車隊通過草埔隧道至屏東東港東隆宮、再至恆春高山嚴福德宮、車城福安宮會香。福安宮駐駕過夜。

2  第二天早上南迴公路舊線森永福德宮參香。再至達仁南迴公路罹難者慰靈碑祭拜超薦、返駕台東市遶境回宮。

3 啟建3天送化孤魂法會-本宮廣場。

即日起本宮服務台受理隨香報名

費用1500元、限額50人。

電話:08-9325178